鳥栖 とおやま歯科医院 院長のブログ

日々の診療における気になった症例や研修
また、プライベートでの出来事を紹介します。
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 福岡トヨタ久留米店 | main | 黒くすけている >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    治療期間が長い
    0
      先日来院された何人かの初診の患者さんのお話を聞いていると、「根のなかの治療が一年近くもかかっている。」や「強い痛みは無いが食事をすると痛いと訴えても様子をみましょうと言われるだけで改善しない。」という主訴でした。
      当然ダラダラと時間が過ぎていくだけでは患者さんは納得されないだろうし、痛いので治して欲しくて病院へ行っているのに様子を見るだけでは患者さんは満足されないですよね。
      なぜ根の治療が長引くのか、違和感が改善されないのか、将来的にはどのようになるのかなど説明がなされていないように感じました。



      ずっと違和感が続いていてCTにて歯根破折がわかり抜歯になったケース
      破折した時期や破折線の入り方によってはレントゲンだけでは判断できないこともあります。



      根の中につめるものが大きくはみ出していて症状が強くなり抜歯となったケース
      | 根管治療 | 18:08 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 18:08 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP