鳥栖 とおやま歯科医院 院長のブログ

日々の診療における気になった症例や研修
また、プライベートでの出来事を紹介します。
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
0

    ふと気がついたら、こんなに綺麗に咲いていました。

     

    | フレスポ鳥栖 | 16:13 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    シロナコネクト2
    0

      先日セレックオムニカムでスキャンしたデータをラボへ送信して、設計から全てテクニシャンにお任せして出来てきたジルコニアクラウンです。研磨のみでステイニングはしていませんが発色もよく透明感も出ていて綺麗です。あとは口腔内での適合状態のチェックです。

       

      | CEREC OMNICAM | 10:41 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
      シロナコネクト
      0

        歯科の分野でも明らかに時代の変化が感じられます。

        数年前に学んだことが、どんどん変わっていきます。

        ネットワークの構築により、県外または世界のラボとやりとりをすることが当たり前になってきました。

        シロナコネクトでは、口腔内スキャナーでキャプチャーすればテクニシャンが設計しCAMで削り出してくれます。

        シリコンラバーでインプレッションすることも石膏模型も要りません。

        患者さんのチェアタイムでの負担も減り、製作コストも下がります。

        この勢いで進めば、数年後に口腔内のメタルを完全に無くすことが保険でも容易になるかもしれません!?

        | CEREC OMNICAM | 11:36 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
        テンポラリークラウン(仮歯)の作製
        0

          #46 欠損症例です。以前Brによる補綴がなされていましたが、今回インプラントへ変更するために仮歯をセレックにて作製した症例です。昔は即時重合レジンをこねたりしながら、何度も口腔内で合わせたり削ったりして患者さんの負担も大きかったと思います。セレックを用いることにより、切削時間が20~30分ほどかかりますが適合よく綺麗な仮歯を作製することが可能となります。患者さんはもちろんですがスタッフの負担も減らせますし、どの症例でも均一な仕上がりに揃えることができます。(作製者の技術レベルによる差を無くせる。)データが残ることにより再作製が容易ですし、感染リスクや来院回数も減らせます。

           

           

          | CEREC OMNICAM | 11:14 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
          小川島〜離島診療〜
          0

            先日、佐賀県歯科医師会主催による離島診療離島診療が小川島小川島にて行われました。

            三養基鳥栖地区から参加させていただきました。

             

            呼子港より機材を積み込み船で島へ向かいます。

             

            島の公民館が会場です。

             

            ポータブルタイプの歯科ユニットを用いての診療です。

            高齢の患者さんが多かったです。皆さん歯を綺麗にされていて、使用されている義歯も綺麗にされているのが印象的でした。

             

             

            | 三養基鳥栖歯科医師会 | 19:52 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
            パーフォレーション(穿孔)
            0

              #47 遠心壁に穿孔が認められた症例です。

              2か月ほど前に治療が終了したとのことでしたが、歯茎の腫れが引かないため上部構造を外してみました。

              強い痛みなどはありませんでしたが、遠心壁に穴が開いていました。

              現在は、MTAセメントにて充填後経過観察中です。

              その後、歯茎の腫れは落ち着いているので残していけそうです。

               

              | マイクロスコープ | 11:24 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
              ノーベルプロセラFCZクラウン
              0

                インプラントの上部構造で、ノーベルのFCZクラウンをセットした症例です。

                ジルコニアですが、輝きがあって綺麗な色だなというのが第一印象でした。

                男性の患者さんですが、患者さん自身もセットしたものを鏡で確認して気に入られた様子でした。

                術前のシミュレーション、インプラント埋入から上部構造までノーベルで統一して作成することのメリットは大きいように感じます。

                 

                | インプラント | 12:44 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                歯肉(歯茎)の色
                0

                  #12 神経の無い歯の治療において仮歯で様子をみている症例です。

                  歯のところはオールセラミックで問題なさそうですが、歯肉に根の色が透けています。

                  現在、透けている状態改善のために歯周外科を行うのか患者様と相談中です。

                   

                   

                  | 審美歯科治療 | 13:44 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                  感染根管治療
                  0

                    以前治療された根の中の再治療です。

                    ピンク色に見えているのが、神経がなくなったところに充填してある詰めものです。

                    顕微鏡を使うことで根の先の方まで見て確認することができます。

                    顕微鏡がなければ、見えないところを手探りで勘にたよった治療となってしまいます。

                     

                    | マイクロスコープ | 13:02 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
                    マイクロスコープ
                    0

                      抜去歯牙を用いてマイクロスコープにて根管拡大や洗浄、充填の練習を定期的に行っています。

                      新しい材料や道具を試したり、練習を行うことにより実際の治療でベストなパフォーマンスを発揮できるようにスタッフとの連携もチェックしています。

                       

                      | マイクロスコープ | 17:27 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP